動画に字幕をつけていく(英日動画翻訳)

クリエイティブ・コモンズやパブリックドメインの動画に英日翻訳した字幕をつけています。おかしなところもありますが何卒ご容赦をm(__)m

2018年11月



Original movie(元になった動画)
I added Japanese subtitles.
Special thanks for U.S. Navy.

U.S. Navyさんの動画に字幕を付けさせていただきました。

NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が1955年から続けているクリスマス・イブの恒例プロジェクト「NORAD Tracks Santa(ノーラッド サンタ追跡)」は、何故、どのようにして始まったかを紹介するショートムービーです。ハリー・シャウプ大佐と基地の方々の温かい心遣いから始まった「伝統」が今では世界中に広まったという素敵なお話です(*´ω`*)











Original movie(元になった動画)
I added Japanese subtitles.
Special thanks for U.S. Navy.

U.S. Navyさんの動画に字幕を付けさせていただきました。

NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が1955年から続けているクリスマス・イブの恒例プロジェクト「NORAD Tracks Santa(ノーラッド サンタ追跡)」2016年版の予告動画に字幕を付けさせて頂きました。NORADは最先端機器と戦闘機などを駆使してサンタさんを追跡、カメラでその姿を捉え、インターネットで世界中の皆さんに中継するということです。今年ももうすぐですね。楽しみです(*´ω`*)


図解 戦闘機の戦い方
毒島刀也
遊タイム出版
2014-10-03











Original movie(元になった動画)
I added Japanese subtitles.
Special thanks for ScienceAtNASA

ScienceAtNASAさんの動画に字幕を付けさせていただきました。

惑星探査機オシリス・レックスによるベンヌ探査計画の概要を説明したショートムービーです。

小惑星ベンヌは太陽系誕生時から含有物質が大きく変化しておらず、その形状データやサンプル分析が生命起源の謎の解明につながると期待されています。

また、この惑星は火星と金星の間に軌道を持ち、頻繁に地球の軌道を横切りながら、6年ごとに地球へ近づいて来ています。2135年には地球に最接近し、月の軌道の内側(月と地球の間)に突入します。そうなるとベンヌの軌道は変わりますが、ヤルコフスキー効果のため軌道予測が厄介で、地球との距離を正確に把握するのが困難になります。ベンヌの動き次第では地球にどのような影響があるかも知れず、出来る限りの調査をするために探査機にベンヌを追跡させるという事です。

オシリス・レックスは2020年にサンプル取得を実行、2021年にメインエンジンを噴射し帰還を開始します。サンプルカプセルの切り離し予定は2023年、ユタ州の空軍試験訓練場に着地したカプセルはジョンソン宇宙センターに送られ、まずは計画に参加する研究員が分析を始め、続いて世界中で研究が始まるということです。









Original movie(元になった動画)
I added Japanese subtitles.
Special thanks for Marines

Marinesさんの動画に字幕を付けさせていただきました。

米海兵隊、歩兵部隊へのドローン配備に関するショートムービーです。1年半前司令官によって歩兵部隊にドローン(クワッドコプター)が優先的に配備され、今では部隊内で訓練も可能となり、使いこなす能力も保持、ドローンを活用する事で隊としての能力向上、偵察範囲拡大の可能性を示唆しています。

中尉のコメントは正直何を言うてはるのかイマイチようわからんかったのでおかしな部分もあると思いますが何卒ご容赦を。

動画内のタイトル「Quads for Squads」は韻を踏んでいてすごくクールですが日本語では上手く表現できず「部隊へのドローン配備」という捻りもへったくれもない字幕になってしまいました(ノ∀`)。

動画のオリジナルタイトルは「Infantry Squads Employ Drones」≒「歩兵部隊がドローンを雇用する」。これも面白いなと思います。陸上を歩いて(車などで)移動する部隊が鳥のように空を翔ぶ隊員=ドローンを雇用する=使うわけで部隊は今までとは全く違う能力を手にしたという事になりましょうか。





↑このページのトップヘ